アイテム

メスティン 誰もが認めた、ただのアルミ箱w

メスティンとは、英語ではMesstin(メスティン、食事+缶の意味)。
本来は兵士が野戦等の際に食料を入れて携行したり、
食事の配給を受け取るのに用いる食器というのが主な用途であり、
非常時には調理器具やバケツなどとしても用いられた。
日本では旧日本陸軍が野戦時の炊飯用として改良・利用したことで、
野外炊飯用として定着している。本体や蓋の素材は一般にアルミ製。
『Wikipediaより引用』

はい、その名の通りメスティンっていうのは『飯盒』の事です。
いわば『西洋式飯盒』ってシンプルに考えてもいいでしょう!
(厳密には違うかもしれませんけどね(笑 )

飯盒の名の通り、ご飯を炊くのが主な役目の器具なのですが
見た目の通りシンプルな四角形で収納性がよく、アイデア次第で
さまざまな調理方法に活用できる便利アイテムとして
アウトドア好きな方からは定評があったアイテムで、
最近ではアウトドアブームのおかげでさらに人気に拍車がかかり
現在品薄状態が続いているという事らしいです。
ちょっとクラシカルな雰囲気の
普通のお弁当箱として使っても
なんか『映え』な感じですしねw
蓋をフライパン代わりにしたり
水切りやアルミホイルを使って
『蒸し器』や『燻製』をしたり
無限と言っていいほどのアイデアが
広がっている様です。

さらに言えば、使った後のお片づけも
言うたら『ただのアルミ箱』なので、お焦げも煤もお構いなく
金だわしでガシガシ擦って洗ったりというラフな使い方でも
まったく問題のないタフなヤツでもあります。

なので、やっぱりみんな「ひとつは持っていたい」んでしょうね・・・
メスティンの代名詞、というか『メスティン』と言うのが
ここの製品名だと思っている人も少なくないと言われるトランギア社。
その『トランギア メスティン』は、現在とても品薄な状態で
ネットなどでは2~3倍もするような法外な価格が付いている事も
少なからず見受けられます。
本来 ¥1,800- 前後の品ですから、店頭に行って順当な価格で
手に入れられる事をオススメします。

そして最近、本家メスティンのあまりの高騰ぶりに注目されているのが
こちらのメスティン!!
ドイツの Milicamp というメスティンです。

見ての通り、スウェーデントランギアのメスティンと
なんら変わりません。
(そりゃそうです、ただのアルミ箱なんですからw)
大きさもまったくと言っていいほど同じで
違うところといえば、取っ手のリベットの位置と数、
本体の蓋止めのプレス加工の有無くらいなので
特に昔からメスティンを使っている方の買い替えなどは
こちらを選ぶという方も多いようです。
こちらはネットでも順当な価格ですが、
トランギア製品のあおりを受けて徐々に値上がりを
しているみたいです。

『最初のアウトドア用品』として
ぜひ持っておきたい品なので吟味して選んで下さい。

あと、メスティンは1番最初の使い始めにやるべき
『お手入れ』がありますので御注意下さいね!!