ソロキャン

見近島へバイクでキャンプツーリング!!

ソロキャンを始めた当初から、
ずっとずっと行ってみたいと思っていた場所。
ここへキャンプに行く為に家の駐車スペースを片付け
原付二種(125cc)バイクを購入して
今回よーやく見近島へキャンプをするために
ここまでやって来る事ができました!!


見近島というのは、最近有名になってきたのですが
もともとは、知る人ぞ知る
『サイクル&原付キャンパーの聖地』的な場所で
私自身も「いつかここでソロキャンするぞ!」
ずっと思っていた場所なのです。


天候には恵まれそうではあるものの
実はこの日は夜勤明けで、当日の朝まで仕事でした(笑)
ソコを押しての出発です!!
こうでもしないと行ける時を逃してしまいそうだったんですよね。


キャンプ道具をバイクに載せて
いざ出発!とばかりに跨ると・・・
「うっ!!…乗れるけど…激せまっ!」
横着をして、キャンプ道具をコンテナBOXごと
後部座席に積んだせいで、メタボなオサーンの私には、
えらく窮屈なライディングポジションになってしまいました(汗)
とはいえもう出発の時、いまさら荷物をほどいて
積み替える事なんてできません。
窮屈な姿勢での運転を我慢しつつ無理矢理にでも出発です!!
今度行く時は、大型のトップケースと
小ぶりなツーリングバッグの組み合わせで
キャンプツーリングに出発しようと心に誓うのでした(笑)



そんな過積載バイクに跨り
道中、買出しやら休憩やら写真撮影やらで寄り道しつつ
しまなみ海道のサイクリングロードを、
向島~因島~生口島~大三島~伯方島へと渡って走り
約2時間ちょっとで見近島に到着です!!


しまなみ海道は、基本高速道路ですので
ひとつひとつの島へ降りるにはICを通らなければいけません。
ですが、その島々の住人の方への利便性も考えて
それぞれ橋には側道や歩道が設けられており
原付は有料(橋1つ¥50-~¥200-程度の通行料)
自転車、歩行者は無料で通行できるようになっています。
この事を活用して、尾道~今治間の各島々を巡りながら
走って行き、観光や食べ歩きができる様に
案内標識や休憩所、道の駅などが整備されています。


なので、ここ最近は特に
サイクリングや原付ツーリングのメッカ的なスポットに
なっているというワケです。
実際、走っていてとても気持ちいいですし
景色も素晴らしいですからね!!(笑)


そしてその橋の途中に、とっても小さくて目立たない
穴場キャンプスポットへと降りていく通路があるワケです。
こんなちょうどいい距離のところに
こんないい場所があるなんて…
すごくありがたい事だと感慨深いものがあります。

ここで、見近島ってどういう所なのかちゃんと説明しましょう!!

————————————————————————-
見近島(みちかじま)は、しまなみ海道の伯方島大島の間の無人島である。
伯方島との間に伯方橋、大島との間に大島大橋が架かり(伯方・大島大橋)、
歩行者・自転車は橋上から島に降りることが出来る。
また、島内には無料のキャンプ場が整備されており、
前記の通り、島には徒歩か自転車、原付バイクでしか入れないため
穴場的な人気がある。』 (Wiki参考、一部改変w)
————————————————————————-
写真で見た感じは、こんな感じです。






どうですか?いい所でしょう?
風呂は無いけれど、トイレも水洗で炊事棟も完備されていて
芝生や植木の手入れもすごく行き届いています。


こんなキャンプ場が無料なんですよ!!
タダなんですよ!!
そして車や大きなバイクは入って来れないんですよ!!
…そりゃ『聖地』になるってもんですよね。(笑)


到着してどの辺りに設営するかを決めたら、早速本日の寝床を設営!!
「ここをキャンプ地とするっ!!」(笑)


しばしまったりしながら炭をおこして
明るいうちからディナーの開始です。w


まずは牡蠣焼き!!


焼肉です。
牛やら!!豚やら!!


以前やって個人的に満足度が高かったスペアリブ!!


そしてサワラの西京焼やらを焼きながら
ちびりちびりと食っていると
だんだんと、いい感じに日が暮れて来ました。


そして陸奥キャンプ場の時もそうだったのですが、
海辺のキャンプ場って、時にうるさいくらいに
波の音が聞こえてくるんです。
そんな潮騒を聞きながら、海からの夜風に吹かれて
ぼぉーーーーーーーーーーーーーーーっと
星空を眺めてると、すごく癒されていくのが分かります。


お腹も膨れ、まったりしていると、
だんだん眠くなってきたので、テントの中へと潜り込み、
気が付いたら、いつの間にか朝を迎えていましたw





海辺の朝は、気持ちいいものですよね!!
朝食には、昨夜少し残しておいた豚肉と炒め物用野菜を入れた
サッポロ一番塩ラーメンで『なんちゃってタンメン』にしてみました。
これが意外と美味しかった(笑)



有料キャンプ場の様にチェックアウトの時間を気にする必要もなく
比較的近くという事で、急ぐ道中なワケでもないので
夜露に濡れたテントやタープが乾くのを待ちつつ
コーヒーでも飲みながらまったり過ごし、
ぼちぼちと撤収作業をしてから家路へと出発です!!






行く時と同様、休憩や寄り道をしながらのんびり走ってると
海風がとても心地よく吹いてきます。




そしてこの時期は走っていると、どこからともなく
時折金木犀の香りが漂ってきます!!
人工の芳香剤は、どこか鼻にツンとくる匂いがしますけど
やはり本物の香りは、どこか甘い感じがします(笑)
バイクで走っていると
「風と・暑さ(寒さ)と・匂いと・危険を感じるんだよ!」
・・・という迷言を残したタレントさんがいましたね!(北海道方面でw)





しばし走って、自宅に到着!!
荷物を片付け、写真の整理などを行い1日が終わりました。


「やっと行って来れたぁ!!」って感じでしたね。
まさに感慨ひとしおってやつです。
まず保管場所を確保し、バイクを購入して、
そして念願が叶ってようやく行く事ができた
見近島へのキャンプツーリング・・・

すごく想い出に残る、よいソロキャンでした!!
近場でもあるので、また来たいなと思っています。

それまでに楽に乗れる『積載道具』を検討しなきゃですね!w

こうして、私の悲願のソロキャンは達成されました。

そして
「次はどんな冒険をしようか?」
と、計画を練り始めたところです。(笑)