アイテム

テント選びはキャンプスタイル選びです!!

テントはキャンプする時の家!!

自分の住む家をないがしろにする人なんていませんよね?
家を建てるとき、借りるとき、人それぞれに
こだわっている部分っていうのは必ずあるんじゃないかと思います。

キャンプにおいてテントはまさに『家』なんですから
つまるところ『自分が気に入ったテントがいいっ!!』
っていう事に行き着いてしまうのではないでしょうか?
デザイン優先、居住性優先、機能性優先、価格優先、etc・・・
人それぞれに価値観やセンスは違うと思いますので
自分が『こんな風にしたいっ!』って感じるソロキャン像を想い描いて
そんな自分の『心の声に』耳を傾けて選んでみてください。

その上で参考までに私の価値観とセンスで考えて選んだ結果というのを
ひとつの参考例にしてもらえればいいなと思います。(笑)

まず、どんなテントがあるのか見てみましょう♪

ソロキャン用に人気のテントの種類

形状別

ドーム型

文字通り立ち上がった時の形がドーム型のテントの事です。
基本構造が2本のクロスしたポールを底部スリーブに挿して弓なりに曲げて
フレームとして立ち上げ、そこにインナーテントを吊るし、
上からフライシートと呼ばれるアウターを被せる造りになっています。
シンプルなので初心者でも設営がしやすくて風の抵抗を受けにくいので
とても扱いやすく、現在主流のテントとしてさまざまなメーカーから
数多くの製品が販売されています。

ワンポール型

ティピーテントとも呼ばれるテントで遊牧民ちっくなトンガリ屋根の
可愛い見た目からこのテントに憧れてキャンプを始めようとする方も
女性を中心にきっと多い事でしょう。
でもワンポール型はちょっとコツの要るクセのあるテントで
中心にポール1本というシンプルな構造ではありますが、
そのポールに対して当然反対側に引っ張る力が必要になります。
つまり、テント生地の全ての角部分と頂点までの中間部分をペグダウンして
ロープでしっかりテンションをかけて張っておく必要があります。
意外と手間のかかる面倒なヤツなんです(笑)
なのでペグの打ち込みにくい場所ではテントが立てられない事もあります。
さらにワンポール型にはインナーテントが付属していないモノも少なくありません。
なのでテント内でも『地べたダイレクト』になってしまうため
コット(折りたたみ式簡易ベッド)の用意が必要になりますが
テント内で薪ストーブを使って暖を取ったり調理をしたりできるモノもあり、
そういったスタイルのキャンプを求める方に人気があります。
私個人としては、ある程度ソロキャンプをやってきて基本的な道具類も持った上で
さらに2つ目以降のテントとして購入する方がいいテントなのではないかと思っています

ワンタッチ型

基本形状はドーム型のテントなのですが設営が簡単に出来るように
フレームに開閉機構が組み込まれているテントです。
まるで傘をひっくり返したような構造で、まさにワンタッチで
テントが完成してしまいますので、めーっちゃ簡単です。
強度的にもそこそこ丈夫で少々の風雨では何の問題もなく
過ごす事ができるので、女性を中心にこのタイプを選ぶ人も多いです。
ただ、開閉機構を備えるために骨組みがたくさん必要になったり
強度を確保するためにフレームが肉厚だったりして
結構重たいテントになってしまっているモノが多い様です。
また、開くのは簡単だけど意外とたたむのは大変だったり
たたんで収納バックに入れてもめっちゃデカイっていう事もあるようです。

ポップアップ型

その名の通り『ポップアップ』で開くテントです。
円やおむすび型のフレームが生地に埋め込まれていて、ソレを捻じる様な形で
収納されているので収納バックから取り出すやいなやすぐに
『ぼふっ!!』っていう感じで一瞬で完成してしまいます(笑)
しかし、このタイプはいわゆる『立ち』が弱く
ちょっとした風でも『へにょっ!!』っと傾いてしまいます。
あと、バックから取り出しただけで開こうとする作りなワケですから
当然たたむのが超ムズイんです。
いや、ムズイというより『ヤニっこい』というべきでしょうか?(笑)
それにたたんでバックに仕舞っても相当デカイ事も少なくありません。
製品としてもこのタイプのガチテントは少なくて
サンシェードなどの簡易テントの方が多いので
海水浴やデイキャンプの時に使う事が多いタイプのテントです。

タイプ別

シングルウォールタイプ

テントの作りが1枚の生地で構成されているテント。
シンプルで軽量なテントに使用される事が多く
登山用のリュックに入れて背負って歩けるほどコンパクトになるモノも
このタイプには多いです。
ただ『1枚モノ』なだけに生地の材質について耐水性や厚さ重さ遮光性など
しっかりとチェックした方がいいでしょう。
ワンタッチテントもこのタイプが多いです。

ダブルウォールタイプ

インナーテントの上にフライシートと呼ばれる
アウターを被せるタイプのテントです。
二重構造なのでテント内が結露でびっしょり濡れてしまう事もありません。
インナーテントはフルメッシュだと肌寒い時期での使用に難があるので
窓部分だけが二重構造でメッシュにできるタイプがいいでしょう♪
また、インナーとアウターとが分かれているので大きめのアウターに
サブフレームを使う事で『前室・後室』を作る事ができるテントになると
荷物置き場やちょっとした作業スペースやリビングスペースとして
使う事ができて非常に便利です。
このタイプで軽量のテントも多いですからそういったテントは
使い勝手がよくて、めっちゃコスパが高いのではないかと思います。

ざっくり言って、こんな感じです。

ソロキャン用に求めるテントの性能

大きさ:ソロキャン用のテントは1.5~2人用のモノがいいです。
1人用と2人用では重さも価格もあまり差が無い場合が多いんです。
それならちょっとでも室内が広い方が荷物を中に入れたりできて良くないですか?
なのでザックに収めて背負って歩く以外には限界まで軽くする必要はないので
1人用にする事はないと思います。

耐水性:テント生地の耐水圧は1500mm以上のモノが良いでしょう!!
1500mmあれば、かなり強い雨でも耐える事ができるといわれています。

通気性:夏場のテント内はめっちゃ暑くなりますので出入口の大きさや位置、
ベンチレーションの有無、窓のメッシュ部分の大きさや使い勝手などを
しっかりチェックしておきましょう。

利便性:前室・後室の広さ、ポケットやランタンフック位置や大きさや数が
使いやすいところにあるかなど確認しておくといいでしょう♪

重さ:テントの生地やフレームの素材による重さの影響は意外とあります。
小難しく「この素材が・・・」よりも「総重量○○○グラム!」みたいに
ざっくり把握しておけば十分です。
なるべく軽いものにしたいですよね♪

その他:グランドシートはあらかじめ用意して極力使用しましょう!!
テント自体の保護にもなりますし、汚れも少なくなります。
さらに雨天時の地面からの水の浸入を防ぐこともできますので横着せずに
用意して使う様にしましょう♪(笑)

このあたりの基準を踏まえて自分のやりたいキャンプスタイルを思い描いて
テントを選んでいけば、わりと納得のできる『最初のひと張り』
手に入れる事ができるんじゃないかと思います。

私の求めるキャンプスタイルとテント選び!!

さて、そこで前述した私のチョイスなのですが
まず私の想い描くソロキャンのスタイルというのが
『バイクで行くキャンプツーリング』なんです。
実は私、
「いつかバイクで北海道にキヤンプツーリングしに行きたい!」
っていう夢がずっと前からありまして、それがきっかけで
ソロキャンを始めたというワケなんです。
(その1年後くらいに今のキャンプブームが始まった感じですね。)
ですからあまり大きく重い物は持って行けないので、
基準はあくまでコンパクトに
『オートバイに積める範囲内で収める』っていう事なんです。
となると、登山用の装備を参考に、でも登山用よりはハードルを下げて
利便性やレジャー的な要素も入れて『旅を想定した』キャンプ装備というのを
揃えたらいいんじゃないか?というふうに考えたワケです。
なので、「選択基準は?」というと・・・

機能性>居住性>デザイン>価格

こんな優先順位になっているといったところでしょうか?

1.なるべく軽くコンパクトに収納できる事。
2.なるべく丈夫で風雨に対する耐性が高い事。
3.なるべく広く快適に過ごせる室内空間である事。
4.なるべく派手過ぎず周囲の風景から浮き上がらない事。
5.なるべくコスパが優れている事。

つまり
1.軽量で丈夫な素材と小さく仕舞える収納性の良い形状
2.突然の風雨の中でも快適に過ごせる耐水性と強度
3.室内の広さや通気性、ポケット・フック等の利便性
4.見た目にも満足できるデザイン性と色使い
5.以上を満たした上で価格的にあまり高くないテント

これが、私がテント選びをする基準として掲げた条件です。

「そんなモン本当にあんのかね?」って思う方も多いでしょう?
だから優先順位を付けたんです!
自分がどこに強くこだわって選ぶのかってトコロをですね♪
なので、『価格について』なんていう基準は、ぶっちゃけ
「そりゃ安いに越した事はないけど、
本当にいいモノならある程度高くても仕方ないかな?」
っていう考えなワケです。・・・私はね!!www

・・・でも、探してみれば
案外安くていいモノや、本来お高いんだけれどお買い得な掘り出しモノが
見つかるかもしれませんよ♪

私が選ぶソロキャン用テント

モンベルクロノスドームⅡ型

私が購入したテントがこのクロノスドームⅡ型です。
1人用のⅠ型よりも幅が30cmくらい広くて¥2,000-程度の価格差なので
こちらを選んだという事です。
作りも軽くてしっかりしていますし、なにより登山にも使えるほど
コンパクトになる収納性が魅力でした!!
小さいながらも前室もあり荷物を入れる事もできてとても便利です。

モンベルムーンライトⅡ型

あの『ゆるキャン△』のリンちゃんが使っていたのが
このテントだと言われています。
その名の通り月明りの中でも設営できるほどのシンプルな構造が特徴のテントで
こちらもちょっとした前室があり、クロノスドームに負けないほど
小さくコンパクトに収納できる良さがあります。
リンちゃんが自転車に積んで走っていた場面を思い返せば分かりますよね♪
※注リンクは1型です。

コールマン テント ツーリングドームLX

もはや名品とさえ言える一品で、多くのライダーやソロキャンパー達が
初めてソロキャンした時に『最初のひと張り』として購入したと言われるテントです。
あの『ヒロシさん』も最初のテントはコレだったそうですよ!!
基本的なドーム型でサブフレームを使う大きな前室があり、
超快適なテントだと言う声も多く聞かれます。
難点は、たたんでバッグに入れた状態でもかなりデカイ事。
とにかく重量が2人用サイズにしてはありえない程めっちゃ重い事です。
でも、これらを差し引いてもコスパ的には非常に高いので、まだまだ人気があります。
バイクはもちろん、車に積んでキャンプ場に持って行く分には問題ないサイズですからね♪

BUNDOK(バンドック) ソロ ドーム 1 BDK-08

『ソロキャン・格安テント』で筆頭に上がるのがこのテントです。
購入された方の満足度も非常に高いものが多くて
「やっぱり予算はかけたくない」っていう人に向いているテントだと思います。
機能的にも何の遜色もなくネームバリューなどにこだわりのない人なども
こういうのから入ってみるのも悪くないんじゃないかと思います。

CAPTAIN STAG アルミワンポールテント300UV UA0016

まぁ、ポールテントも紹介しておきましょうかね?(笑)
ぶっちゃけ私がソロキャン用として2つ目のテントにポールテントを買うなら
コレがいいかな?と思ったテントがコレです。
インナーテントが標準で付いていて、まぁまぁの広さがあって
初心者でも扱いやすそうな印象を受けました。

どうでしょうか?

テント選びは、まず自分のキャンプスタイルを作る拠点になるアイテムですから
焦らずに自分の憧れるスタイルを『妄想』して(笑)じっくり選んでみるのも
悪くはないと思いますよ♪